So-net無料ブログ作成
検索選択

桜開花、全国的に早めか=岡山や銚子は7日の開き−3社の予想出そろう(時事通信)

 民間気象予報会社のウェザーマップとウェザーニューズが15日、今春の桜(ソメイヨシノ)の開花予想を発表した。財団法人日本気象協会は3日に発表しており、これで大手3社の予想が出そろった。マップ社によると、全国的に開花は早めの見通しで、松江と福島仙台、盛岡の各市では平年(2000年までの30年間平均)より1週間早いと予想された。各社とも今後、予想を随時更新する予定。
 桜の開花予想は、気象庁が1955年から続けてきたが、民間の予想が充実してきたため、今春からは東京・靖国神社の桜など、各地にある「標本木」の観測のみ行うことにし、予想は取りやめた。
 この標本木を対象とし、5、6輪咲いた状態を開花とする気象庁方式の予想では、福岡市が3月の18〜20日、大阪市が25〜30日、名古屋市が24〜28日、東京都心が23日〜25日、仙台市が4月5〜11日と予想された。各社の間で予想の開きが最も大きかったのは、岡山市と神戸市、千葉県銚子市の7日間だった。 

【関連ニュース
桜の名所、人気トップは吉野山=知りたい情報は「満開日」
桜開花、平年より早め=ウェザーマップ、初の発表
年中楽しめるサクラ開発=開花に冬の寒さ要らず
桜の開花予想を終了=「民間が充実」と気象庁-54年の歴史に幕

離婚しても親は親 子供を「共同養育」(産経新聞)
雑記帳 「還暦ジーンズ」を発売 10年間の品質保証付き(毎日新聞)
祖父の除雪機、巻き込まれ4歳孫死亡…秋田(読売新聞)
日韓“新宣言”どう調整 岡田外相が初訪韓(産経新聞)
<わんこそば全日本大会>歴代最高の254杯 大分の青木さんが3連覇(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。